« 本日のランチ | トップページ | 本日のディナー »

2007年1月28日 (日)

冬の御嶽山へ

Dscf1949_1 Dscf1959 御嶽山に行ってきました。高速で伊那ICまで行き、R361をR19へ出て、木曽方面へ向います。r20、r256へと進み、御岳スカイラインを上がって行き、最初に「清滝」を見に行きました。

Dscf1961_1 Dscf1962Dscf1969 雪で滑る参道を登って行くと、綺麗な「冬の清滝」が現れました。滝壺には水が落ちて少しづつ凍って岩のようななった塊が出来てました。そして次に「新滝」に行きました。こちらも落ちた水が凍ってますが、青みがかった神秘的な氷の塊でした。

Dscf1965Dscf1974 Dscf1976                    

                   

どちらもすごく感動しました。ただ参道が滑るので(特に下りが)行かれる方は気をつけてくださいな。

 

Dscf1982Dscf1985Dscf1986 せっかくなので上まで登って行きます、スキー客が沢山登っていくんですが全然雪が無いんです、スキーなんか出来るのかなーと思っていたら、途中から雪道になって来ました。上の方はちゃんと雪山でした。スタックして進まない車も何台かいました。とりあえず行けるとこまで行こうと思い、この先積雪で通行止ってとこまで行って引き返して来ました。下りの方が怖いですね、ゆっくり降りて行くとさっき空回りして登れない車(ジープみたいなクロカン車なんだけど)が同じとこでずっと空回りしていて、「あら、まだいるし」と思いました(いろんな人に助けてもらってました)。

Dscf1993_1 Dscf1994Dscf2014_1 来た道を戻りr20に出て、r473に入り霊峰ラインへ向います。こっちには「不易の滝」があるので行ってみようと思ってました。霊峰ラインは観光バスで参拝に来た白装束の人達が沢山いました。そして「不易の滝」の駐車場まで来ましたが、雪が積もっていて行かれそうもないので残念ですが諦めました。霊峰ラインもその先は冬季通行止めになってたので引き返します。

Dscf1997Dscf2011 今度は「白川氷柱群」を見に行きました。場所が曖昧だったんですが、r20沿いに看板が立ってたので川の方を見るとたしかに山肌に氷の柱が並んでいます。

Dscf2005 Dscf2003Dscf2002 川沿いまで歩いて見に行ってみるとすごい綺麗でした(誰も居なかったのですがどうもここは私有地らしいので本当は遠くからしか見られないみたいです)。

Dscf2020Dscf2022_1Dscf2024_1 そしてr20を開田高原方面に御嶽山を見ながら向います。R361からR19に出てそのまま長野に帰りました(渋滞に巻き込まれながらね)。今日は天気が良くて御嶽山も綺麗に見えてよかったです。

|

« 本日のランチ | トップページ | 本日のディナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152471/13609500

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の御嶽山へ:

« 本日のランチ | トップページ | 本日のディナー »